指輪の素材で選ぶ

結婚指輪に使われる素材を紹介しています。定番のプラチナ、ゴールドはもちろん、チタン、シルバーも紹介しているのでチェックしてください。

結婚指輪の素材どれを選びますか?

結婚指輪では、色んな素材が使われていますが、ここでは定番人気のプラチナをはじめ、ゴールド、シルバー、チタン素材をピックアップして紹介します。

プラチナ

結婚指輪、婚約指輪の定番といえばプラチナ。

プラチナは希少価値のある素材で、耐熱性が高く酸化しにくいため、一生身に付けるのに相応しい素材です。

変質、変色せず永遠に輝きを放ち続けます。

ダイヤモンドとの相性もばっちりなので、エンゲージ、マリッジリングの素材として不動の人気を得ているのがプラチナになります。

I-PRIMO フェリキタス ラザールダイヤモンド TILIA STARJEWELRY FOREVER LOOP 6-7号
(左)128,000円(右)178,000円 (左)128,000円(右)127,000円  118,800円
 I-PRIMO フェリキタス 結婚指輪 画像  ラザールダイヤモンド TILIA 結婚指輪 画像  STARJEWELRY FOREVER LOOP 6-7号 結婚指輪 画像

ゴールド

ゴールドにはピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールド、グリーンゴールド、オレンジゴールドなどの色味があり、選択の幅が広がったことで、人気が高まってきました。

ゴールドには、18Kや24金など様々な表示がありますが、意味は同じで、ゴールドと他の金属の配合比率をあらわしています。

24K…純金(純度100%)

18K…ゴールド<イエロー・ピンク・グリーン・レッドなど>(純度75%)

14K…ホワイトゴールドなど(純度59%)

結婚指輪には純度の高い、18K(純度75%)か24K(純度100%)がオススメ。

きゃしゃなタイプを選べば豪華すぎる印象にならず、普段使いができます。

EXELCO Elisabeth イエローゴールド I-PRIMO アポロ ピンクゴールド ラザールダイアモンド ホワイトゴールド
 (左)132,000円(右)119,000円 (左)101,700円(右)112,500円 (左)148,000円(右)223,000円
 EXELCO Elisabeth イエローゴールド 結婚指輪 画像  I-PRIMO アポロ ピンクゴールド 結婚指輪 画像  ラザールダイアモンド ホワイトゴールド 結婚指輪 画像

シルバー

結婚指輪や婚約指輪では、あまり使われない素材です。

他の素材よりも、柔らかく加工しやすいため、どんなデザインでも対応できます。

主にペアリングや、ファッションリングに使用されていますが、酸化して汚れが目立ってしまいがちなので、小まめな手入れが必須。

チタン

こちらも結婚指輪や婚約指輪にはあまり使われない素材です。

ゴールドや、プラチナに比べて重さは約4分の1!

付けてることもわすれてしまう程の軽さです。アレルギーが起こりにくい素材とされており、金属アレルギーの人もチタンなら大丈夫と言う方もいます。

光沢も良く、強度もあるので今後人気が高まる可能性も?!

 
Pagetop
最新!結婚指輪の人気ランキング速報